温熱療法とは

腫瘍を電磁波で体外から加温する治療です。
体の表面から二極の電極盤ではさみ、その間に8MHzの高周波(ラジオ波)を通すことで、がんの局所の温度を上昇させます。体の表面の温度が先に上昇すると、痛みや低温やけどの原因となりますので、体表を冷やすために体に接する電極またはオーバーレイボーラスに5℃の冷却水を流し、体の中心部分の温度をより高める工夫がされています。

当院のハイパーサーミア

サーモトロン-RF8

新札幌豊和会病院では、「サーモトロン-RF8」という医療装置を導入し、がん治療に活用しています。日本ハイパーサーミア学会による認定医、認定技師の指導管理の下、「サーモトロン-RF8」を運用しております。治療法につきましては、単独療法、休眠療法、抗がん剤併用療法を決定しています。
「サーモトロン-RF8」でのがん治療は、専用の治療ベットに横たわり8MHzの高周波を使って二つの電極でがん病巣を挟むように加温します。一回の治療時間は40分で、週1~2回のペースで5~10回ほど行われます。

ハイパーサーミア

ハイパーサーミアの特徴

人間の細胞は42.5度以上に温度が上がると死滅します。表在性腫瘍に対しては、この熱の効果で腫瘍を死滅させることができます。

深在性腫瘍に対しては、40℃前後の温度上昇であっても、1回の治療が43℃で1分間に匹敵するような十分な温度上昇と加温時間が得られた場合、がん薬物療法(化学療法/抗がん剤治療/分子標的薬/免疫チェックポイント阻害剤)・放射線治療の増感効果を得ることができます。

1990年4月より保険適用となっており、30年以上の期間で保険診療が行われてきています。当センター導入の機器は第5世代目であり、加温調節機能の向上と冷却性能が改善されています。日本ハイパーサーミア学会から推奨を受けています。

ハイパーサーミアにより、熱ショックタンパク質(Heat Shock Protein;HSP)を介して免疫力が高まる効果やアブスコパル効果が報告されています。世界的にも「がん休眠法」への応用や「C型肝炎治療」など、温熱療法の可能性は広がっています。

対象疾患

  • 浅在性悪性腫瘍;頭頚部癌・乳癌・悪性黒色腫・肛門管癌・骨転移・軟部肉腫など
  • 深在性悪性腫瘍;食道癌、胃癌、結腸癌、直腸癌、膵癌、胆管癌、肝癌、腎癌、前立腺癌、膀胱癌、肺癌、子宮癌、卵巣癌など
  • 脳・眼球・血液疾患は対象外になります。
  • 手術直後や病気の進行により、胸水・腹水の貯留により体力が低下されている方、パフォーマンスステータス(Performance Status:PS)が2以下への低下が認められる方は治療を行えないことがあります。

がん細胞の性質

昔から、がん細胞が正常細胞に比べると熱に弱い性質であることは知られていました。これは、がん細胞は正常な細胞と比べて酸性であり、熱を加えるとさらに酸性に傾き、自ら死滅していくためです。正常な細胞は40℃を超えると皮膚や筋肉が血流を増やして熱を逃がそうとします。しかし、がん細胞の血管は急造で神経支配がなく、熱が加わっても拡張することができないため放熱できずに熱がこもるのです。
正常細胞の血流は8から10倍になりますが、がん細胞は1.5倍程度で、さらに温度が上昇すると逆に血流が減少、がん細胞だけが高温になっていきます。

実際の治療について

「サーモトロン-RF8」でのがん治療は、専用の治療ベットに横たわり8MHzの高周波を使って二つの電極でがん病巣を挟むように加温します。一回の治療時間は40分で、週1~2回のペースで5~10回ほど行われます。併用する化学療法・放射線治療によって異なります。治療期間は、開始から2か月後にCT検査による効果判定を行い治療の継続の判断を行います。

副作用は低頻度ですが、熱傷・脂肪硬結・脱水症などがあります。また、腸閉塞を増悪させる報告がなされています。肥満などの体格や年齢により個人差もありますが、副作用のほとんどは軽微です。治療中に、加温に伴う熱さ・痛みがある場合にはスタッフにお伝えいただき、その都度微調節させて頂きます。

禁忌・禁止

  • 埋め込み型除細動器、人工内耳、ペースメーカー等を装着または埋め込んでいる方
  • 加温域内に金属片を留置している方、又は金属粉を含む刺青等をしている方
  • 豊胸材等が埋め込まれている部分への加温は出来ません
  • 妊娠中の方や出産直後の方
  • 小児(乳幼児)
  • 導電性のある金属を含む貼付材を使用したままの方
  • 意思疎通が困難な方
  • 施行により危険を生じる様な合併症を有する方